海外単身赴任~家族との連絡~

スポンサーリンク

 海外単身赴任で家族との連絡で必要なもの

   ① Sim Free 携帯電話

   ② i-Pad

 

国際化の波にのまれ、

海外で単身赴任生活を余儀なくされる方も多くなっているかと思います。

とかいう、私も2015年から4年間、

ベトナム・ハノイで

単身赴任生活を送っておりました。

そこで、海外単身赴任生活(ベトナム)で必要なもの、

まとめていきたいと思います。

 

家族との通信・連絡

① Sim Free 携帯電話

Sim Freeの携帯を購入することで、

ベトナムでSimを買ってそれを使うことができます。

ベトナムには主に3つの携帯会社があります。

  (1)Viettel

  (2)MobiFone

  (3) VinaPhone

Viettle, MobiFoneがTOP2で、それについでVina Phoneです。

これら3社でSimを購入することができます。

ノイバイ空港(ハノイ郊外にある国際空港)でもこれらSimは購入できますが、

ハノイの中心に行って支店がありますので、そちらで購入したほうが安いようです。

ちなみに、私はViettelを使用しておりました。

  

②iPad

海外単身赴任生活では家族との連絡が必須です。

そして、テレビ電話が非常に便利です。

相手の顔を見れることで、安心もしますし、

子供の成長も見れます。

ただし、その通信の準備をなくして、連絡はできません。

赴任後であると、調整、設定するのが大変ですので、

通信手段だけは、日本で確認しておく必要があります。

そこで欠かせないのがiPadです。

Line や Skypeなど、 テレビ通信手段がありますが、

一番お勧めが、Face timeです。

これらを比較しましたが、画像がきれいで、ストレスないのがFace timeでした。

画像が悪いや途中で音切れなどするとストレスになります。

そのためには、Face timeをお勧めします。

 

Face timeであれば、iPhoneでも使用可能です。

ただ、画面が小さいと、それはそれでストレスになります。

おそらく数年となる海外単身赴任生活、なるべくストレスは減らしたいものです。

そのためにもiPadを購入することをお勧めします。

 

そして購入するiPadも、Sim free版を購入されることをお勧めします。

理由は、海外のSimも使用できるからです。

Apple iPad \37,800~

  

ここで、

iPadは購入しても、Sim FreeでSimを買っても、

通信費用が高額になるのでは・・・?

という疑問が出てくるかと思います。

 

ご安心ください。

ベトナムが日本より優れているところといえば、Wi-Fi環境です。

ハノイであれば、いたるところのホテル・Cafe・料理屋でWi-Fiが使えます。

ここが日本と異なり、

日本が非常に遅れているところです。

日本でWi-Fiをつながるところを探すのは苦労します。

Wi-Fiを使えたとしても、通信速度が遅かったり。

なかなか繋がらなかったり。

でも、それは日本だけ。

東南アジア圏も都市部であれば、

たいがい、Wi-Fiは普通に使えます。

日本も、東京オリンピックに向けて、Wi-Fi環境の整備を進めていますが、

どこまで普及するかは?です。

話がそれましたが、

ベトナムで通信においては、

ホテルに泊まれば、Wi-Fiが使えます。

Wi-Fiが使えれば、通信費用 0円で日本とベトナムで連絡が取れます。

  

私は移動中も使用したかったので Wi-Fi+Cellular タイプを使用しておりましたが、

Simを入れない、Wi-Fiのみのモデルでも十分です。

 

  

これから海外赴任される方、

暮らしが大きく変わるので大変ですが

頑張ってください。

ただ、忘れていけないことが一つ。

 

残された家族も大変です。

大人1人であれば、海外でもなんとかなるものです。

残された家族、特に奥さんは、

家や子供などから、年賀状まで、

家族に関する判断・決断・実行をすべてすることになり、

相当な負荷がかかります。

 

自分のためだけではなく、

家族のためにも、通信手段の確保は重要です。

お金はかかりますが、

この通信に関しては、

事前に十分に準備されて行かれることをお勧めします。

ちなみに、私は

自分用と家族用で、iPadを2台購入しました。

確かに、出費は痛かったですが、

それ以上の価値があったと思っております。

  

 

これからの海外赴任の助けになればと思います。

 

 

↓↓おすすめ記事↓↓

スポンサーリンク

コメントを残す