ベトナムの通貨 ドン VND

スポンサーリンク

 

みなさん、ベトナムの通貨の単位をご存知でしょうか。

ドン(Don=VND)です。

VNDには、

100、200、500、1000、2000、5000、

1万、2万、5万、10万、20万、50万ドン

札があります。

1万ドン札以上が、良い質の札になります。 

 

100、200、500ドン札はほとんど出回っておりません。

1,000ドン札以上をよく見ます。

1,000ドンは、大体日本円で5円です。

桁がすごく大きいので、

1,000ドンは、1 KVNDと略されて表示されていることもあります。

K はキロで、1,000を意味し、10,000ドンは 10KVNDとなります。

 

例えば、iPAD、日本円で3~4万円するものですが、

ベトナムでは、7,590,000 VNDと表記されます。 759万VNDです。

なんだかお金持ちになったきがしますね。

億万長者もあっという間です。

100,000,000 VNDだと、約 50万円です。

50万円分のVNDを持っている人は億万長者です。

 

この桁数の多いVNDですが、日本円に換算するのが少し面倒です。

 

私がよく使っていたのが、1000で割って、5倍するという方法です。

為替で、×5~6倍の間をうろうろとしておりますが、

概算でよければ、×5倍でざっくり計算できます。

 

この計算が素早くできると、

ぼったくりにあったとしても、すぐに文句が言えます。

以前、空港でジュース2本で、

150,000ドンを要求されたことがありました。

普通のファンタと水のペットボトルです。

 

単位が違うと、パッと見、安いのか高いのかわかりません。

でもさっきの計算を実施してみると、

150,000VNDを1000で割って、5倍すると、750となります。

つまり750円です。

ペットボトル2本で750円です。・・・ぼったくりです。

すぐに文句を言い、空港の管理者に伝えて、

正規の料金を支払いました。

 

ノイバイ空港も取り締まりが強化されておりますが、

やはり、帰国直前の日本人のお金を取ろうと、

このように高値を請求することはあるみたいです。

気を付けてください。

 

もし空港などでおかしいなと思ったら、

商品とその商品の価格で請求された金額を写メすることを

お勧めします。

このような法外な金額をとるときは、レジを打たず、

レシートももらえません。

ただ客に、電卓で打った数字を見せて、この値段で・・・と

言ってきます。

支払った後だと文句が言いにくくなるので、注意してください。

 

この桁数の多さでなれずに

ぼったくりにあうということもありますが、

この桁数の多さで、面白いものもあります。

 

ハノイにあるとある店の、お品書きがこちら。

生マグロ、12万、大たこ焼き 13万、刺盛(4~5人前)70万です。

このような価格を見るとびっくりしますね。

これは当然単位は、VNDです。

日本円に換算すると、

生マグロ 600円、大たこ焼き 650円、刺盛(4~5人前)3,500円です。

ベトナム・ハノイで日本食を食べようと思うと、

このぐらいの値段で、日本と同じぐらいです。

これはどこのお店も似たような感じで、

ベトナムだから、日本料理も安いだろうではなく、

これぐらいの値段はして、

決してぼったくりではないので悪しからず。 

 

海外にいくと、違う通貨を使うのもの一つの楽しみですので、

いろいろ値段を見てみてください。

↓↓おすすめ記事↓↓

スポンサーリンク

コメントを残す