ベトナム・ハノイ ホーチミン廟(びょう)

スポンサーリンク

 

ベトナムで最も有名な人といえば、ホーチミンではないでしょうか。

 

言わず知れた、ベトナム建国の父として、

ベトナム戦争を率い、勝利に導いた人物で、

初代ベトナム民主共和国主席です。

ベトナム紙幣すべてホーチミンが描かれております。

 

ベトナム人のホーチミンに対する敬愛の念は、非常に深いです。

そのため、決してホーチミンのことで、

冗談を言うことはやめましょう。

本当に怒られます。

それほど重要な人物であることを理解ください。

 

さて題名にあった、ホーチミン廟ですが、

ホーチミンびょうと読みます。

 

ここはホーチミンのご遺体が安置されている場所です。

世界の中で、永久保存されている政治家は、

レーニン、ホーチミン、毛沢東、 金日成、金正日の5人です。

 

このホーチミン廟は、ホーチミンが安置されているところですので、

ベトナム人にとっては、神聖な場所です。

 

そのため、観光客であろうと、

半ズボンやノースリーブ、ひざ上丈のスカート、サングラスでは、

入場することは許されません。

 

訪れる前に事前にどのような姿がふさわしいかチェックしてください。

さて入場を行うと、このような通路を通ります。

そして、列に沿って歩いていきます。

道を外れると、護衛兵に元の場所に戻るように言われます。

護衛兵は銃を持っていますので、怖いです。

そして、さらに歩くと見えてくるのが、ホーチミン廟です。

総大理石造りです。門の前には当然銃を持った護衛兵がいます。

写真撮影もここまでです。ホーチミン廟内は、撮影禁止です。

私語も禁止で、足音のみが聞こえるシーンとした独特の雰囲気がします。

誰かのこそこそ話も聞こえるほど静かで、

言葉を発したら、すぐに注意されます。

また立ち止まることも許されません。

中に入り、階段を上がると、ホーチミンがガラス張りの中に

安置されています。

列になって、ホーチミンのご遺体の周りをぐるっとまわります。

そして外に出るという流れで、

ホーチミンを見れる時間は1~2分程度です。

ホーチミン廟の外に出ると、

言葉を発することも撮影もまたできるようになります。

言葉を発してもよくなっても、この厳かな雰囲気を引きずり、

すぐに話を始めるような感じはなりませんが。

  

ベトナムのホーチミンへの敬愛の念が伺え、

一度訪れることをお勧めします。

ただ、ふざけることだけは絶対にないようにしてください。

 

↓↓おすすめ記事↓↓

スポンサーリンク