クチトンネルへいく!in ベトナムホーチミン

クチトンネルをご存知でしょうか。ベトナム戦争で使われたクチトンネルです。

このクチトンネルを今回はご紹介です。

 

クチトンネルとは

ホーチミン市の中心部から北西へ約70kmのところにあります。

クチトンネルとはベトナム戦争で使用された地下トンネルです。

ベトナム戦争当時、この地域には解放戦線の拠点がおかれ、鉄の三角地帯と呼ばれた難攻不落の場所でした。

アメリカ軍は空爆と大量の枯葉剤を投下し、解放清涼区は地下にトンネルを掘ってゲリラ戦を続けました。

 

総距離約250㎞にもおよぶ手掘りのトンネルが現在においても残っており、見学することができます。

 

アメリカ軍はこの地下トンネルの存在は知っていましたが、その複雑さと、ベトナム人とアメリカ人の体格の差を利用した絶妙な大きさのトンネルで最後まで考慮することはできませんでした。

 

 

いざクチトンネルへ

ホーチミン街中からいざクチトンネルへ

 

ザ・ベトナムという感じで、バイクが多いホーチミンの街中を抜けて、クチトンネルへ向かいます。

クチトンネル

 

クチトンネルへは入場料を払って入場します。

まずは小屋でビデオを見て、その後クチトンネルへ行きます。

 

道を歩いていると、ベトナム戦争時に使用された罠があったり、会議の風景が再現されいたり、

戦車を見ることができます。

罠は、いろいろな罠が考えられており、自分が引っ掛かったことを想像するとぞっとします。

 

そして実際のクチトンネルがコチラ。

このように蓋があり、人ひとりがぎりぎり入れるサイズ入口です。

トンネルの中も人ひとりが通過できるサイズです。

私もトンネル通過時は腰をずっと屈めて移動しました。中腰での移動となるので、かなり腰にきます。

体格の小さいベトナム人がこのトンネルの中に逃げ込み、アメリカ人が追いますが、

体格の大きなアメリカ人は、このトンネル内ではつっかえたり、動きが鈍くなりそこを攻撃されていたようです。

このような戦時中に使われていたものをそのまま見ることができます。

 

射撃場

またクチトンネルの奥には射撃場があります。マシンガンを打ちましたが、さすがマシンガン。

ものの数秒で打ち終わりました。

 

クチトンネル内はそれほど大きく、早ければ20分程度で一番奥までたどり着けます。

靴はスニーカーで行かれることをオススメします。

 

クチトンネルツアー

私はハノイに駐在していて、ホーチミンは旅行で行きました。

ホーチミンまでは国内線で行き、ツアーはHISの現地ツアーを使用しました。

ホーチミンまで行ければ、HISなどのツアーを使えば、クチトンネルまで行けます。

 

クチトンネルまでホーチミンから車で1時間程度かかりますので、ツアーを組んだ方が良いです。

HIS クチトンネルツアー USD 35$~

 

このオプションツアーの記事がコチラです。

ハノイHIS・JTBオプションツアー最高!in ベトナム
ベトナムハノイの観光において、自分でツアールートを見つけて、 タクシーを乗りついでいくのもいいですが、限られた時間を有効に使うためには、 費用対効果を考えるとオプショナルツアーを使うことは、"あり"です。 特に時間が限られた旅行では有効的です。 そこで今回はオプションツアーについてご紹介です。 オプショナルツアーのメリ  …続きを読む

 

広告

まとめ

1.ホーチミンから車で1時間

2.クチトンネルは、ベトナム戦争時に使われた全長250kmの地下トンネル

3.クチトンネルは人ひとりが通れるサイズ

4.射撃場もあり

 

広告