ベトナム ハノイ スリ(ひったくり)に注意してください。

スポンサーリンク

 

海外に3カ月以上滞在する人は、「在留届」を提出することが、義務付けられています。

※在留届;旅券法第16条により、その地域を管轄する日本大使館または総領事館に 提出することが義務付けられています。

ここに登録しておくと、ベトナムの情報が入ってきます。特に、治安や事故の情報が役立ちます。

大きな事件・事故があって、現地ベトナムでは、盛んに放送されていたとしても、ベトナム語がわからないので、全く情報がわかりません。

そういったときに、ベトナム大使館からメールが届き、注意喚起が行われます。

今回、スリ(ひったくり)の情報がありました。

どのような状況でスリにあうのかを読んでいただければ、被害拡大の抑制につながるかと思っています。

このスリ(ひったくり)は、駐在者のみならず、観光の方も知っておいて損はないと思います。

スリ(ひったくり)状況

2019年4月から、日本人が被害にあったスリ(ひったくり)の事例がコチラになります。

深夜0時30分ころ、日本人男性がダオタン通りからリンラン通りの交差点付近を歩行中、女性が近づいてきて声をかけ、所持品をひったくろうとしたが失敗し、付近に待機していたバイクの後ろに乗車して逃走した。(4月)

深夜0時30分ころ、日本人男性がトゥーレ湖西側の南北道路からキンマ通りに差し掛かった付近を歩行中、客引きを装った女性が近づいて声をかけ、体に接触した隙に、ズボンの後ろポケットに入れていた携帯電話をスリ取り、付近に待機していたバイクの後ろ乗車して逃走した。(4月)

深夜0時ころ、日本人男性がリンラン通りを歩行中、上記と同様の手口で所持品をひったくり、そのまま逃走した。(4月)

夜11時30分ころ、日本人男性がリンラン通りとファンケビン通りの交差点付近を歩行中、後方から客引きを装った女性が近づいて声をかけ、体に接触した隙に、所持品をひったくろうとしたが失敗し、付近に待機していたバイクの後ろに乗車して逃走した。(4月)

夜11時30分ころ、日本人男性がリンラン通りを歩行中、上記と同様の手口で所持品をスリ取り、そのまま逃走した。(5月)

深夜0時ころ、日本人男性がキンマ通り(ダエウホテル付近)を歩行中、女性 が近づいて声をかけた後、2~3人の男が取り囲みポケットに入れていた携帯電話をスリ取って、バイクに乗り逃走した。(7月)

夜10時ころ、日本人男性がトゥーレ湖西側の南北道路をキムマ通りへ向かっ て歩行中、バイクが追い抜きざまにカバン(多額の現金が在中)をひったくり、そのまま逃走した。(8月)

夜11時ころ、日本人男性がファンケビン通りを歩行中、客引きを装った女性が近づいて声をかけ、腕をつかんで引きずっていく隙に、カバンの中から携帯電話をスリ取り、近くに待機していたバイクの後ろに乗車して逃走した。(9月)

深夜0時ころ、日本人男性がキンマ通り(ビンコムメトロポリス付近)を歩行中、2人乗りしたバイクが追い抜きざまにカバンをひったくり、そのまま逃走した。(9月)

深夜1時ころ,日本人男性がリンラン通り(リンラン市場付近)を歩行中、客引きを装った女性が近づいて声をかけ、体に接触した隙に、ズボンのポケットに入れていた携帯電話と財布をスリ取り、付近に待機していたバイクに乗り逃走した。(9月)

おそらく、これらは氷山の一角で、もっとある可能性があります。

被害状況から考えられること

被害者   日本人男性

時間帯   夜10時以降 特に11時以降

場所    リンラン通り、ファンケビン通り
      ダオタン通り、キンマ通り
                いずれも日本人がよくいく通りです。

犯行の様子 女性が近づいてきて、スリ(ひったくり)をされ、
      待機していたバイクとともに逃走

      バイクで追い抜きざま、カバンをひったくり逃走

スポンサーリンク

対策

1. 夜10時以降の外出は控える。
2. 歩行中、近づいてくる女性に注意。
  (男性がねらわれているので、要注意です!)
3. 移動は極力タクシーで。
4. かばんは、たすき掛けなど取られない工夫を。

ベトナムハノイは比較的治安が良い街ですが、せっかくの旅行なのに、貴重品などを盗まれてしまって、嫌な思いをしたりしないように、しっかり自分の身は自分で守ることを徹底されることが重要かと思います。

是非、楽しい旅行を!!

 

スポンサーリンク