ベトナムハノイ トイレの使い方を知る!

スポンサーリンク

 

海外に行くと困るのが、トイレ。

日本のトイレは、世界一のきれいさ、快適さであるため、外国に行ったときに困るのがトイレです。

ベトナムのトイレは、基本的には日本と同じで、水洗トイレが主流です。

大体のホテルにいくと、水洗トイレですので、日本と同じように座って用を足します。

しかし違うところもあります。

まずウォシュレットはありません。また便座が暖かく迎えてくれることもありません。

トイレの紙ですが、紙は便器に流してはいけません。
使用した紙は、トイレ横にゴミ箱がおいてあり、そちらに入れます。

ベトナムの紙は、水に溶けないのでこのようになっております。

そのため、トイレには、ウォシュレットではないですが、水洗用のホースがついております。

大きい方をしたときは、これで洗った後に、紙でふき、その紙をゴミ箱に入れます。

ベトナムハノイのホテルのトイレ

銀色のホースが、お尻洗浄用のホース、奥にわかりにくいですがゴミ箱があります。

こちら違うホテルのトイレですが同じようにホースがついております。

紙を流さないでゴミ箱に捨てるということに、ものすごく抵抗がありますが、紙を流すと詰まる原因となります。

もし詰まって流れなくなった場合、水浸しとなり、ホテルとトラブルにつながる可能性があるのでお気を付けください。

ここまでがホテルで、非常にきれいですが、ローカルの食事店やほかのお店では、ここまでの清潔感はありません。

紙がないところもあります。そのため、ティッシュは常に持っておく必要があります。

極力、ホテルでトイレをすましてからお出かけすることをオススメします。

 

スポンサーリンク

まとめ

1.ベトナム・ハノイのトイレは、水洗が主流
2.ウォシュレットはない。
3.紙は流さない。ゴミ箱に捨てる。
4.お尻を洗うためのホースが設置されている。
5.トイレは、ホテルを出る前にすましておく。

 

スポンサーリンク