ベトナムハノイ マッサージでリラックス!

広告

ベトナムハノイに旅行行くと散策などで歩き回ります。

とにかく歩き回ります。歩いて、歩いて歩き回ります。

そして次の日も、次の日も旅行中ずっと歩くことになります。

また海外赴任では、なれない海外生活で仕事とは違った疲れもたまり、日ごろの疲れを取りたくなることがあります。

そこでオススメがマッサージです。

ベトナミーズマッサージ

ベトナミーズマッサージは、基本的にマッサージチェアに座ってするタイプが多いです。

ローカルであればあるほど、ゆったりした椅子に座ってマッサージを受けます。

少し高いホテルのマッサージとなると施術台に上がって寝て実施するマッサージとなります。

オイルを使いますが、ベトベトになるほど使うのではなく、薄っすらマッサージをする際の滑りをよくする程度に使います。

施術者

ベトナムでも施術するのに免許が必要で、免許を取った人がしっかり施術してくれます。

施術者は、基本女性が多く、男性の施術者にあたったことは私はありませんでした。

女性ですが、指圧の力は十分で弱いとかはありません。逆に強すぎていたいということがありました。

施術時間と価格

施術時間は、60分、90分、120分と選べます。

価格は、90分で220,000VND (1100円)程度で、

これに終わりにチップを、50,000VND~100,000VND (250円~500円)程度支払います。

価格は店によってピンキリです。

施術内容

ローカルのベトナミーズマッサージは大体同じ施術で、順序もおおよそ同じです。

手順がコチラ。

1.フロントもしくはお店の人に施術時間を伝えます。

2.施術する部屋に行きます。
ローカルの場合、相部屋が多く、ホテル内のマッサージ店は、個室となります。

3.部屋で施術用の服に着替えます。

4.しばらく待つと、お湯の入った桶を持ってきてくれて、足を入れて足湯のような感じで足を温めます。
桶なので、浸かるのはくるぶし少し上ぐらいまです。

5.顔にパック!?の代わりか、薄切りにしたキュウリを顔に乗せられます。
えっ!?驚きますが、顔の火照った熱をとってくれて気持ちいです。(店により異なり、これがないところもあります。)

6.施術開始です。まずは仰向けで開始です。
頭とマッサージをを受け、
左腕→左肩→右腕→右肩→左足→右足の順でマッサージを受けます。

7.そして、うつ伏せとなり、背中そしてお尻、足とマッサージを受けます。

8.あぐらをかき座ります。そして肩のマッサージを受け、柔軟をします。
ブリッジのようなもので背筋を伸ばします。

9.以上で、施術終了です。

終わった後にチップを払います。

90分なり、120分なりほぼ休みなくマッサージをしてくれるのでその感謝の気持ちをチップで支払います。

チップ払わないと店によってはトラブルになることもありますので、ご注意ください。
楽しい旅でいやな思いしないためにもチップは頭に入れておきましょう。

清潔感

正直、キレイさは望めません。

ある程度きれいではあるかと思いますが、潔癖症の人などはローカルのマッサージは厳しいかもしれません。

海外赴任中(私の経験談)

海外赴任時、肩こりがひどくてマッサージに通っておりました。

あまりやることがなかったというのも事実ですが、2時間、仕事のこともなーーーんにも考えない時間というのが好きでした。

終わった後、全身すっきりしますので、ぜひ一度訪れてみてください。

 

広告
スポンサーリンク
ハノイの生活
スポンサーリンク
ベトナムハノイのいろいろ