私がお勧めする英会話本~急遽海外勤務が決まった人のために~

スポンサーリンク

 

私は、2015年からベトナムハノイに駐在しておりました。

当時私のTOEICの成績は、375点でした。よくうちの会社は、私を海外転勤に出したなぁと当時思っておりました。

さて、急遽決まった、海外転勤。もちろん言語は英語。

会話ができなければ、仕事になりません。いろいろな英会話本に手を出しました。

その中で私にとって非常に役立った本をご紹介します。

 

スポンサーリンク

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

この本は、CD bookとなっております。i-Phoneでずっと聴いて、繰り返しておりました。

英会話するうえで、重要なのは4つのSTEPです。

①話したいことを考える。(日本語で)
②これを自分が持っている数少ない英語ボキャブラリーと言い回しのため簡単な言い回しに変換する。(日本語で)
③日本語を英語に頭の中で英訳する。
④話す。(英語で)

通常日本語であれば、または英語を話すことに苦にされない方は①→④ですぐに変換することができますが、それには相当な訓練が必要であり、英語を勉強してこなかった自分が、突如①→④のような話し方ができるわけもなく。

ということで、①→②→③→④の順序を追って、それをなるべく早くするという方法を得るしかないと考えました。

②については、自分の聞きたいこと、話したいことを、シンプル化するということが必要です。

これができるということは、自分が何をしたいのかを頭の中で整理できるので、回りくどさがないので、指示するのも的確です。

この点は日常会話の中でもトレーニングできるところです。

その次が、③です。

この英訳トレーニングにこの本が本当に役立ちます。

本の左側には日本文が、右側には英文が記載されており、中学レベルの英語ができれば、英訳は簡単です。

とここで、この本を使用をやめては、10%も利用価値がありません。この本の最大のポイントはこのCDです。

CDでは、日本語を読み上げられ、その数秒後に英文が読まれます。その英文が読まれる前までに、頭の中で英訳し答えを言う。

というトレーニングができます。

1つのセッションで、10文あります。これをつぎつぎに頭の中で変換していきます。

中学の英語ができれば、10文中、7~8文はできるかと思います。

それを10文すべてを回答を言われる前に言えるようになるまで練習します。

 

会話の中で、頭の中での英訳に時間がかかると、会話は途切れ途切れになります。

自分の中で時間がかかってしまうと、この話はしなくてもいいかなってという方向になり、話がどんどん話すのが億劫になっていきます。

なので、頭の中での英訳の速度は重要です。

このトレーニングは繰り返し、繰り返し、実施することが唯一の方法だと思っています。

数か月もすれば、この本に頼らずとも、自分で話すことができるようになります。

ただ、この本での練習がなければ、このスタートがもっと遅れていたと思います。

 

ぜひ、英会話の不安な人は、手に取って実施してみてください。

繰り返し、繰り返しのトレーニングが重要ですので、根気よく頑張ってください。

スポンサーリンク