ハノイの交通事情・道路の渡り方 in ベトナム

ハノイの交通事情

ベトナム・ハノイの交通量は多く、特にバイクが非常に多いです。有名ですよね。

コチラの写真をご覧ください。

 

バイク、車が列をなしてきます。

 

全く慣れていない人がハノイに行った場合は、危なくてわたるのはオススメしません。

このようなおおきな道はタクシーなどを使い、大きな道路を横切らないようにするのが一番です。

それでも、横切らないといけないときがあります。

その場合の渡り方の注意点をまとめました。

ハノイの道路の渡り方

横断歩道を探す

まず横断歩道を探してそこを通ります。

 

現地ベトナム人や慣れた人であれば、横断歩道がないところでも通ったりしますが危険です。

マネしないようにしてください。

 

ただし、横断歩道があっても信号があるとは限りません。

むしろ信号がない横断歩道のほうが多いです。  

そのため、道路をわたるときは以下の点を注意してください。

 

車がよけてくれるだろうとは思わない。

 

バイクは人が横断中であろうとビュンビュン飛ばしてきます。

車も我先にとクラクション鳴らして行きます。

 

日本のように歩行者最優先ということはありません。

隙間さえあれば、目の前だろうと通り過ぎていきます。

車の方がよけてくれるだろうとの考えは捨ててください。

この感覚は日本とまるで違います。

 

日本のように歩行者優先で止まってくれるであろう、よけてくれるであろう前提で、車やバイクに当たりにいかないように注意してください。

 

 

道路を渡るタイミングに注意!

 

道路を渡るタイミングは、車が来ないタイミングで渡り始めます。

バイクは、それでも人が渡りはじめたら、ぶつからないように避けてくれます。

 

しかし、この交通量の中で、車はよけようにもなかなかよけられません。

目の前を通過するか、クラクションを鳴らされるか、になります。

そのため、車がいないタイミングで渡ってください。

 

道路を渡る速度は一定で!

 

道路を渡る速度は一定の速度で、急に立ち止まったり、急に走ったりしないようにしてください。

道路横断で最も注意するのが、バイクです。

バイクは人をよけて走ってくれます。

しかし、彼らも渡る人の動きをみてよけていきます。

それこそシューティングゲームのようによけていきます。

 

そのため、横断中、急に走り出したり、立ち止まったりしないようにしてください。

横断中の人が、急に止まったり、走ったりすると、避けるバイク側は格段に難易度が増します。

目の前をびゅんびゅん飛ばすバイク・車に、早く渡りたい気持ちが出てきますが、

焦らず、慌てず、渡るスピードを変えないようにしてください。

 

 

道路横断時は横一列で

友人・家族と一緒に道路を渡るときもあります。

その場合、横一列で渡りましょう。

 

これはバイクの通り道、よけ道を確保するためです。

 

バイクは、人が横断していても止まることなく、避けて走っていきます。

日本で横断するように、ずらずらと並んで、道路の流れを遮るような渡るようなことはやめましょう。

 

 

逆走車に注意!

 

車・バイクが必ずしも交通ルールを守るとは限りません。

時には、逆走・信号無視・ショートカットなどなどの車・バイクを見ると思います。

これらにも注意ください。

 

こうなると、どこを注意して渡らないといけないのかわからなくなります。

ですので、なるべく道路を渡ることがないようにするのが一番です。

 

広告

まとめ

  1. 車がよけてくれるだろうとは思わない。
  2. 道路を渡るタイミングに注意!
  3. 道路を渡る速度は一定で!
  4. 道路横断時は横一列で
  5. 逆走車に注意!

 

海外ではまずけがをしないように考えるのが第一です。お気を付けください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告