【ベトナム】ハノイ市新型コロナ感染対策のための新たな通達

2021年2月17日に在ベトナム日本国大使館より以下の情報が入りました。

在ベトナム日本国大使館からの情報

ハノイ市は,215日付けで新たな通達(ハノイ市副人民委員長及びCOVID-19感染防止指導委員長の第90回会合における結論通達(09/TB-UBND))を発出しました。主な内容は,以下のとおりです。

(1)ハノイ市においては,市中における感染が引続き発見されており,その中には感染源が特定されていないケースも存在している。今後感染が拡大するリスクは引き続き高い状況にあり,特に人が密集して働く工業地域,工場,会社,役所で,従業員が各省市からハノイ市に戻ってくる場合である。加えて,各省市からハノイ市内の中央病院に治療のために来訪する人もいることから,そこで感染したり,感染を広げたりする危険性がある。

(2)感染者を発見した場合には,感染源を特定し,F1からの追跡を即座に行い,検体採取のために隔離を確実に行う。

(3)5Kを厳格に実施する。

(4)テト休暇後にハノイ市以外の省市,特に感染地域から戻ってきた者については,医療申告を厳格に行うハイズオン省から戻った者については,所定のフォーマットを用いて医療申告を行い,必要不可欠な場合を除いて外出を制限し,常に医療観察を行うこと。また1月15日以降にハイズオン省カムザン県を訪れ,ハノイに戻って来た者については,即座に検査を行い,医療観察を行う。

(5)2月16日0時から,歴史的遺産,宗教施設は受け入れを停止する。路上の飲食店は新たな指示が出るまで営業を一時停止する。

(6)屋内のレストランについては,消毒を実施し,人と人との間隔を2メートル確保,もしくは最低1メートルの間隔を保ち席の間に衝立を設け,共用の物を使用しないことデリバリーを推奨する。

(7)ゲーム,インターネットセンター,バー,カラオケ,クラブは引き続き閉鎖。

(8)各省市からハノイ市の各地区に入ってきた者,特にクラスターが発生している省市から来た者に対しては,医療的な管理を厳格に行う。

(9)医療機関は,診察に来た者に対して,規定に従ってCOVID-19感染のスクリーニング検査を行う。

(10)ハノイ市保健局は,保健省の専門家と意見交換をし,ハノイ市の各地区において,隔離後の行程を,市民及び市側双方にとって効果的かつ効率的に実施できるよう,見解を統一しておく。

(11)各宿泊施設は,集中隔離を終えた者に対し,引き続き14日間,それぞれの宿泊施設にて医療観察を行い,感染防止対策を厳格に実施する。

(12)ハノイ市工業・製造地域管理委員会はハノイ市疾病管理センター(CDC)と協力して,リスクの高い場所における検査を無作為に実施する。

 

5Kの徹底

Khau trang(カウチャン=マスク):公共の場や人が多く集まる場所では常にマスクを着用すること。医療施設や隔離施設では医療用マスクを着用すること。

Khu khuan(クークアン=消毒):石鹸や消毒液で手洗いを励行すること。頻繁に接触するモノ(ドアノブ、電話、タブレット端末、テーブル、椅子など)の表面の衛生を保つこと。家を清潔にし換気を良くすること。

Khoang cach(コアンカック=間隔):人と会う場合、適切な間隔を保つこと。

Khong tu tap dong nguoi(コントゥータップドングオイ=多くの人が集まらないこと)

Khai bao y te(カイバオイーテー=健康申告):健康申告アプリ「NCOVI」で申告すること。

 

https://www.viet-jo.com/news/social/200910082501.html

 

広告

たびレジに登録

 

通常時と異なる状況下では最新情報を正しいルートで早く得ることが重要です。

この在ベトナム大使館からの情報を得るためには登録が必要です。

・在留届を提出した方
・「たびレジ」に登録した方

これらは外務省のHPから登録できますのでコチラのHPからご確認ください。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

たびレジは、海外旅行者でも登録できるので渡航前にぜひ登録ください。

 

広告