60歳の平均貯金額2900万円!本当!?

スポンサーリンク

 

60歳の平均貯金額は2956万円ですが、中央値は、500~1000万円未満です。

 

PGA生命が、今年還暦を迎える人を対象に

還暦を迎えることへの意識やライフスタイル、

そして今後の人生への期待や不安などの意識調査を行いました。

 

その中の一つに、平均貯金額のデータがありました。

PGF生命調べ

平均額は、昨年度の2765百万円から2956百万円に191百万円UPしております。

ただ、ここでの注目は1億円以上の預金者が、6.4%もいることです。

そのため平均値があがっております。

中央値は、500~1000万円未満となります。

なので、60歳で1000万円未満の預金額の方が約半数おられます。

 

このように聞くと、大体イメージに近くなってくるのではないでしょうか。

 

ただ、先日の金融庁の2000万円必要との報告書からすると、

大きなかい離があります。

 

また、サラリーマンの方は退職金もあるかと思います。

学歴大企業中小企業
大学卒2489万円1139万円
高校卒2268万円1083万円

出典;en エン転職

こちらを加算すると、ようやく、退職金で老後の暮らしに、

めどが立つのではないのでしょうか。

 

ただ、この退職金、

昔は入ったら、いろいろと使っておりましたが、

将来のために堅実に残していく、もしくは運用していく

ということが求められるようです。

 

 

一方、何歳まで働きたいかとの問いに、

60歳以上も働きたいと回答された方が、84.7%おられました。

PGF生命調べ

私の印象として、なかなか多いのではないかと思っています。

仕事の情熱からか、

年金の不安からか

どちらかはわかりませんが、前者であることが、

よりよい社会環境になるのかなと思います。

 

あと、60歳まで、約20年。

預金額を増やすのか、投資を実施していくのか。

私は危機感からこの2つの選択を迫られていると、

感じております。

時間というかけがえのないものがまだありますので、

これを考え、少しずつ投資の勉強をして、

今を楽しみつつ、

より良い老後を目指したいと思います。

↓↓おすすめ記事↓↓

スポンサーリンク

コメントを残す