追悼 キングカメハメハ

スポンサーリンク

 

2004年ダービー馬、キングカメハメハが、

2019年8月9日に亡くなった。

 

キングカメハメハは、

1600mのマイルGI優勝後に、

2400mクラシックディスタンスで優勝するという

偉業を成し遂げた馬である。

 

この変則2冠は、2008年にディープスカイも成し遂げているが、

この2頭のみである。

 

このキングカメハメハの印象に残っているレースは、

やはり、この2レース。

 

NHKマイルC

1600mのGⅠで

4コーナーで外に持ち出して残り200mで先頭に躍り出て、

馬場の真ん中をつきぬけ、 レコードでの優勝。

2着につけた着差は、5馬身。

強いの一言で、

10回やったら、10回勝であろうという勝ち方でした。

 

日本ダービー

こちらのレースも4コーナーを外に出し、

馬場の真ん中を突き抜け、従来のレコードを2秒6も縮めての優勝。

今のように決して馬場がいいわけではないのに、

力でねじ伏せたという、まさに大王という勝ち方でした。

 

スポンサーリンク

種牡馬としての成績

怪我に泣き、3歳で引退することになったが、

種牡馬としての活躍も素晴らしかったです。

リーディングサイアーとなること2回、

ディープインパクトが種牡馬となってからは2位となりましたが、

7年連続の2位という素晴らしい成績を残しています。

代表産駒といえば、ロードカナロア。

アーモンドアイなどの父でもあり、キングカメハメハの血が

脈々と受け継がれていっております。

ほかにも、牝馬3冠を達成したアパパネ、

ホッコータルマエ、デュラメンテなどもおり、

今後、父父、母父としての活躍も楽しみです。

 

ディープインパクトに続きの訃報で残念でなりません。

東京競馬場の馬場の真ん中の突き抜けた走り、忘れません。

合掌。

 

 

 

↓↓おすすめ記事↓↓

  • 【競馬不的中】第55回函館記念【競馬不的中】第55回函館記念 本日、第55回函館記念が函館競馬場で行われました。 結果は、 1着 マイスタイル 2着 マイネルファンロン 3着 ステイフーリッシュ で決着しました。 1着のマイスタイルは、絶妙な […]
  • 【競馬結果負け】クイーンステークス&アイビスサマーダッシュ【競馬結果負け】クイーンステークス&アイビスサマーダッシュ   今週は、札幌ではクイーンステークス、 新潟ではアイビスサマーダッシュが行われました。 クイーンステークスは、 川田騎手騎乗のミッキーチャームが勝ちました。 道中、4番手で進み、直線抜 […]
  • 【競馬的中報告】第60回 宝塚記念【競馬的中報告】第60回 宝塚記念   本日、2019年6月23日、阪神競馬場で 宝塚記念が行われました。   1着 8枠12番 リスグラシュー 2着 1枠1番 キセキ 3着 8枠11番 スワーブリチャード で […]
  • 【競馬不的中】中京記念・函館2歳ステークス【競馬不的中】中京記念・函館2歳ステークス   今週は中京記念と函館2歳ステークスが行われました。 結果からいうと、馬券は不的中でした。 それでは振り返りを行いたいと思います。 中京記念 買い目は 単勝1、12 ワイド […]
  • 【競馬予想】第68回ラジオNIKKEI賞【競馬予想】第68回ラジオNIKKEI賞   今週はラジオNIKKEI賞とCBC賞が行われます。 ついに福島競馬の開幕、 福島・中京・函館開催となると、 夏競馬が始まったという感じがしますね。     ラジオNIKK […]
  • 【競馬予想】第24回 ユニコーンステークス【競馬予想】第24回 ユニコーンステークス   今週のユニコーンステークを予想していきます。 薬物問題でこのレースでも2頭が競争除外となっており、 13頭での争いとなります。   枠番馬番馬名性齢負担重量騎手調教師11ワイドファラ […]
  • 【競馬トリガミ】CBC賞&ラジオNIKKEI賞【競馬トリガミ】CBC賞&ラジオNIKKEI賞   今週、中京と、福島でそれぞれ重賞が行われました。   CBC賞振り返り まずは、CBC賞の振り返りから。 大雨が降る、不良馬場で行われたこのCBC賞、 勝ったのは、1番人気9番 […]
  • 【競馬的中報告・回顧】七夕賞・プロキオンステークス【競馬的中報告・回顧】七夕賞・プロキオンステークス   本日7/7に行われた七夕賞とプロキオンステークスのレース回顧を していきます。   ① 七夕賞 昨日の予想で、 […]
  • 追悼 ディープインパクト追悼 ディープインパクト   私が競馬にのめりこんだのは、1998年ごろから。 サイレンススズカ、スペシャルウィーク、グラスワンダー エルコンドルパサーなどが活躍していた頃です。 このとき、世界が最も近くみえた時でもあ […]
  • 【競馬予想】第60回 宝塚記念【競馬予想】第60回 宝塚記念 […]
スポンサーリンク