つみたてNISA実績報告~運用3か月~

スポンサーリンク

 

2019年3月からつみたてNISAをはじめ、約3か月がたちました。

現在までの状況についてご説明します。

 

私が持っている口座はSBI証券です。

私が証券会社の口座を開いたのが、2014年。

もともとNISA(一般)で運用を考えておりましたが、

その直後に海外勤務となってしまったので、

何もしないまま2019年となりました。

ネットを見てみると、口座を開くなら、

『SBI証券』か『楽天証券』ですが、

当時は、楽天証券はありましたが、

今ほどの人気はなく、SBI一択でした。

今開くとしたら、楽天証券もいいかなと思います。

特に楽天カードなどでポイントをためている人にとっては、

よいと思います。

 

帰国後、NISA(一般口座)をつみたてNISA口座に切り替えて、

2019年3月より運用を開始しました。

 

3月より、 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド

4月より、 岡三-日本株式・Jリートバランスファンド

の運用を450円/日・銘柄で運用を開始しました。

一月当たり、約20,000円の積み立てになります。

つみたてNISAは、年40万円までなので、

MAX33,000円/月できますが、もう少し余力ができたら、

増やしていこうかと思っております。

 

6月22日時点の収益は、以下の通りです。

NISA投資額 45,330円

時価評価額  45,745円

損益     +415円 (+0.92%)

 

ようやくプラスに転じてきましたが、

ゴールデンウィーク最終日からの米中貿易問題で、

今週初めまではマイナスでした。

それがようやくプラスに転じて今の状況となっております。

 

つみたてNISAは、長期スパンでみるもるもので、

あまり短期的な評価すべきでははないのですが、

運用するとどうなっていくのかということを、

ご報告できたらと思っています。

 

現在の3か月での運用での+0.92%を安いとみるか、高いとみるかですが、

私個人としては、4~6%はほしいと思っているので、

もう少し上がってほしいかと思っています。

しかしそれでも銀行などに預けての、金利年0.01%などと

比較すると非常に良い数値だと思います。

 

先日、つみたてNISAの加入割合が、人口100人に対して1人という

非常に低い割合であったことをご説明しました。

スポンサーリンク

つみたてNISA口座数 100万口座突破

まだ未加入の方は、加入を考えられるのもいいのではないかと思います。

このブログを通じて、皆さんのよりよい生活のヒントになればと

考えております。

 

↓↓おすすめ記事↓↓

スポンサーリンク

コメントを残す