【競馬的中報告・回顧】七夕賞・プロキオンステークス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

本日7/7に行われた七夕賞とプロキオンステークスのレース回顧をしていきます。

スポンサーリンク

① 七夕賞

昨日の予想で、 5番、6番、7番、8番と6枠の馬をしぼり、買い目として、枠連3-4-6のBOXを買いました。

結果、1着 6枠12番、2着8枠15番、3着5枠9番で、1着は来ましたが、そのあとが続きませんでした。

3枠8番のタニノフランケルは、見せ場はありましたが、直線で失速していきました。

福島も、馬場の内側が痛んできたのでしょうか。前半のペースが速かったのもありますが、内にいた馬がのびてこれませんでした。

勝った菊沢騎手は、初めての重賞制覇です。

藤田菜七子騎手との同期で、2016年デビュー組の活躍は素晴らしいですね。
ということで、馬券は見事に外しました。

スポンサーリンク

②プロキオンステークス

ワイドBOX 4-9-10を購入しました。

本命は9番でしたが、直線沈んでしまい、5着でした。
ただ、BOX買いをしていて、4-10ワイドを当てることができました。

本線ではなかったですが、当てることに意義がありますので良かったです。

10番の田辺ジョッキーは上手く乗ってくれました。

10番にも関わらず、内ラチ沿いをとって、4コーナーでも膨れずにそれが最後の脚に効いたのかなと思います。

中京ダートは3~4コーナーを内でうまく立ち回った馬が本当に強い競馬をします。

今後も要注意していきたいと思います。

③今週の結果

ということで、1500円かけて、2040円戻ってきました。

540円勝ちですが、

回収率136倍といえば、聞こえがいいかもしれません。

来週の重賞は、函館記念のみとなりますが、

また的中できるように頑張りたいと思います。

スポンサーリンク
競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ベトナムハノイのいろいろ