【競馬予想】第55回七夕賞

スポンサーリンク

 

今週の重賞も予想していきます。

今週は福島で七夕賞、中京でプロキオンステークスが行われます。

ここでは七夕賞の予想をしていきます。

まずは、JRAのデータから解析していきます。

スポンサーリンク

JRAデータ

① 負担重量別成績(過去10年)

負担重量成績勝率 連対率3着内率
51kg以下0-0-1-80%0%11.1%
52~53kg2-1-3-266.3%9.4%18.8%
54~55kg2-4-4-404.0%12.0%20.0%
56~56.5kg1-1-1-224.0%8.0%12.0%
57kg以上5-4-2-2613.5%24.3%29.7%

この結果から負担重量が重い方が有利で51kg以下は来ていません。

51kg以下の馬を切りたかったのですが、

今年は51kg以下の馬はいませんでした。

 

② 過去3走のうち最も格の高かったクラス・グレード別成績(過去10年)

クラス・グレード成績勝率 連対率3着内率
GⅠ0-3-2-110%18.8%31.3%
GⅡ4-7-2-476.7%18.3%21.7%
GⅢ4-0-2-457.8%7.8%11.8%
オープン特別2-0-3-914.3%14.3%35.7%
1600万下0-0-1-100%0%9.1%
1000万下0-0-1-00%0%100%

1600万(3勝クラス)以下の馬の成績が悪いので、

この馬を切りたかったのですが、今年はこのレースも切れませんでした。

 

ということでJRAデータでは馬を切れませんでした。

 

そこでほかのデータを探していきます。

① 枠順

過去4年連続で6枠の馬が、3着以内に入っています。

ですので、6枠の馬を選択します。

② ジョッキー

戸崎圭太騎手が、この3年で、2勝4着1回と抜群の結果を出しています。

戸崎騎手は今年5番の馬に乗ります。

③ 前日、松島特別(福島 2000m)との関係

過去5年で2016年以外、松島特別で3着以内に入った馬が、

七夕賞でも3着以内に入っています。

 

2018年松島特別は、7番、5番、1番で決着し、

2018年七夕賞は、4番、5番、8番で決着しました。

 

2017年松島特別は、1番、4番、8番で決着し、

2017年七夕賞は、8番、11番、12番で決着しました。

 

2015年松島特別は、1番、7番、6番で決着し、

2015年七夕賞は、11番、12番、7番で決着しました。

 

2014年松島特別は、4番、5番、1番で決着し、

2014年七夕賞は、2番、4番、7番で決着しました。

今年の松島特別は、7番、8番、6番で決着しました。

 

買い目

5番、6番、7番、8番と6枠の馬になりますが、

買い目が多くなるので、枠連で勝負します。

3-4-6枠連のBOX

で勝負です。

 

 

↓↓おすすめ記事↓↓

スポンサーリンク