【感想】100円のコーラを1000円で売る方法

スポンサーリンク

 

このインパクトのある題名、覚えておられる方も多いと思いますが、

100円のコーラを1000円で売る方法  永井孝尚

の感想を書いていきたいと思います。

 

この本はマーケティングの入門書となる本です。

しかし、この本は決して、営業職の方などのみを対象にしているのではなく、ビジネスをやられる方には、読んでいただきたい本です。

実際、私は、技術研究職の仕事をしており、マーケティングとは遠い業務を行っております。

しかし、そんな私にとっても勉強になり、視野が広くなった本がこの本です。

顧客満足度や見える化などビジネスで使用する言葉が丁寧に、物語形式で説明されており、すっと理解できます。

この本の中で、私にとって特に印象深かったのがキシリトールの話。

皆さんご存知のキシリトール。

ガムなどにも含まれており、今では至ることろで、キシリトール入りのものを見ます。

でも、私の子供のころは、キシリトールガムなんてありませんでした。出てきたのもここ10数年前です。

このキシリトール、なぜ流行ったのかでしょうか。
当然、歯に良いからですが、ここまで流行ったのはなぜでしょうか。

それは、歯医者さんが勧めているというのが大きな点だと思います。

キシリトールを流行らせると、虫歯がなくなり、患者さんが減り、歯医者さんとしては、収入が減ります。

なのに、なぜ歯医者さんは、勧めているのでしょうか?

キシリトールの販売担当者は、キシリトールが歯に良いことを説明するのには、歯医者さんに説明してもらうのが1番と考えたそうです。

確かに説得力があります。

ではキシリトールの販売担当者はどのようにして、キシリトールが良いということを歯医者さんに説得し、勧めてもらったのでしょうか?

ここが、重要な点です。皆さんであればどうしますか?

私はこの本を読み進めていくことでわかりましたが、読む前は、まったく解決策を思いつきませんでした。

どうしてか知りたい方、気になる方は、ぜひ本を読んでみてください。

ヒントは、キシリトールとともに、ある一つの言葉も生まれております。それが、ヒントです。

この本は、それだけではなく、

・コトラー

・ブルーオーシャン戦略

などが、物語形式で書かれており、頭の中にわかりやすく入ってきます。
より多くの知識を、重要な点に絞って理解できるこの本は、お勧めです。

ちなみにこの本は、コミックでも販売されております。
活字が苦手という人はこちらを手に取られるのが良いかと思います。

要はいかに効率的に情報を得るかですので、ビジネス書であろうと、コミックであろうと関係ありません。

これからも、読んでよかった本についての感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す