【感想】まんがでわかる 伝え方が9割

スポンサーリンク

 

今回ご紹介するのが、伝え方が9割の漫画本である『まんがでわかる 伝え方が9割』をご紹介します。

コチラの原作本、シリーズ累計131万部突破のベストセラー『伝え方が9割』 を漫画にしたものです。

私はどちらも読みましたが、漫画の方がわかりやすく頭にスッと入ってきました。

この”伝え方が9割”ですが、「ノー」を「イエス」に変える技術として

「イエス」に変える3つのステップ
「イエス」に変える7つの切り口

から、伝え方の”技術”が書かれております。

伝え方は、”センス”ではなく、技術であるということを一貫して書かれています。

 

仕事をする以上、人と生活をする以上、相手に自分の伝えたい事、やってほしいことを伝え、実施してもらうことが必要になります。

その時に必要なのがこの伝え方の技術です。

 

例えば、私はすぐにカッとなって、頭にあることを話しがちですが、 「イエス」に変える3つのステップ のステップ1である

“自分の頭の中をそのまま言葉にしない”

というのを読んで、身が引き締まる思いがしました。

 

確かに、頭の中をそのままストレートに話しても、いいことは何もありませんから。

 

この伝え方の技術は、本当に勉強になり、身につけると、自分も周りも変わってくれるようなそんな気にさせてくれる本です。

 

ちょうど中間管理職である私にとっては、上にも、下にも、依頼し、依頼され、の繰り返しですのでこの技術で、少しでも円滑に回せたらと思います。

 

人間関係や、どのように仕事を回したらもっと上手く、早くできるのかということに悩んでいる方、この本をぜひ手に取って読んでみてください。

仕事そのもののスピードや、業務量が多いのが原因ではないということを気づかせてくれる1冊だと思います。

「イエス」に変える3つのステップ

ステップ1:自分の頭の中をそのままコトバにしない
ステップ2:相手の頭の中を想像する
ステップ3:相手のメリットと一致するお願いをつくる

スポンサーリンク

「イエス」に変える7つの切り口

①相手の好きなこと
②選択の自由
③認められたい欲
④あなた限定
⑤チームワーク化
⑥嫌いなこと回避
⑦感謝

そして、この本の中で最も印象深かった文がコチラ

あなたのお願いを実現できる答えは、自分の中にはない。相手の中にある。

 

スポンサーリンク